高麗人参の力

高麗人参の様々な効果・効能や副作用などを解説しています。

メインイメージ

妊婦への効能に注目!

妊娠中に必須の葉酸摂取に!

新しい生命が身体に宿ると、母親は小さな生命を守るためにあれこれ神経を使います。
食べなくてはいけないものや食べてはいけないもののチェックは多くの妊婦さんがしていることでしょう。
同時に、それまで続けていた健康食品を、妊娠を機会に中止してしまう方も多いようです。
摂取していた健康食品にもよりますが、高麗人参は、そもそも栄養を豊富に含んだ野菜です。(「高麗人参の豊富な栄養素!」


品質の良いものであれば、特に摂取を中断することはないでしょう。(「良質な高麗人参を見極める!」をご覧ください)
医薬品には副作用がついてまわります。
妊娠中は医薬品の摂取は避けたほうが良いので、高麗人参で日ごろから風邪などに対する免疫力を高めておくことは大切です。


妊娠中の方であれば、厚生労働省から通達されている「妊娠前・妊娠中の葉酸摂取の必要性」についてご存知かと思います。
母子手帳にも記載されている重要事項です。
もともと日本人は野菜中心の生活をしていたために葉酸摂取をわざわざ呼びかける必要がありませんでした。
しかし、近年の著しい食の欧米化により、日本人も慢性的な野菜不足・葉酸不足になり、その結果、 胎児の「神経管閉鎖障害」が増加傾向にあったのです。
2000年に通達されたことにより、葉酸摂取の必要性が広く知られることとなりました。
高麗人参には、「葉酸」をはじめとした豊富な栄養素が含まれていますので、妊娠前~妊娠中に取り入れると良いでしょう。


高麗人参には、妊娠中に起こりやすい貧血改善に効果があります。
高麗人参には血液の製造を促進する作用があり、良質な血液を多く作り出すことが出来ます。
妊娠中の貧血に悩んでいる方は、高麗人参が改善に役立つでしょう。


妊娠をすると、これまでとは違ったホルモンバランスになり体調や精神的な不調が出ることもあります。
ホルモンバランスの調整やストレスの緩和にも高麗人参は効果を発揮しますので、
妊娠してから神経質になったという方や、倦怠感がある方、イライラするという方にも効果が期待できます。


更に美容効果にも役立ち、高麗人参で毛穴の開きの改善に効果的です。ハリのあるお肌を目指しましょう。

良く、妊娠中は食べ物の好みが変わると言いますが、体質も妊娠前とは大きく変わることがありますので、 高麗人参の服用を始める方は、用法・容量を守って少しずつ様子を見ながら摂取を始めたほうが良いでしょう。(高麗人参の飲み方については「高麗人参の摂取方法」も参考にしてみてください)

このサイトでは、高麗人参の副作用についてわかりやすい解説を掲載しています。お勧めです。